• ホーム
  • 胃潰瘍の症状と治療法について

胃潰瘍の症状と治療法について

胃潰瘍は胃の内壁粘膜が局所的に深く傷ついた状態のことを指します。
40代以上の年代で患者数が多くなりますが、20-30代で発症することも珍しくありません。
胃は胃酸を分泌して蛋白質を分解する消化器としての役割を担っています。
そこで胃潰瘍になる食後1時間程度経過した頃に、上腹部(みぞおち)に痛みを自覚するようになり、疼きを感じ焼きつくような痛みを感じることが多いとされます。
痛みの程度には個人差があり、さほど強く感じないこともあるようです。

胃潰瘍になると、胃の粘膜と胃酸分泌の均衡が崩れるので、胃酸の分泌のおかげで強い吐き気や、すっぱいものがこみ上げてくるような症状を覚え、食欲不振や嘔吐を伴うこともあります。
胃潰瘍の程度が重度になると吐血することもあります。
これは潰瘍により胃の内壁の血管が露出してしまい、その血管が破れ出血してしまうわけです。
胃酸の影響を受けてどす黒く変色しているのが特徴です。
出血した血液が便に混じると黒い便(タール便)の排出する症状に遭遇することもあります。

胃潰瘍の原因は、ストレスが関係することが知られています。
ストレスを感じると自律神経の影響で胃の蠕動運動が活発になり胃酸が増加します。
加えて脳が胃酸の分泌を指令するので胃酸の量がさらに増加し胃の粘膜を傷つけてしまうのです。

胃潰瘍の原因には、ピロリ菌感染も大きく影響しています。
ピロリ菌は胃酸を中和する力が備わっているので、胃に止まり増殖することができるのです。
ピロリ菌が付着した食物を摂取することが主な感染経路で、50代以上の年代では感染率は8割に上ると言われています。
ピロリ菌感染しても胃潰瘍に移行するのは一部ですが、ピロリ菌が作り出す物質が粘膜を傷つけ、胃潰瘍の原因になるわけです。

また非ステロイド系鎮痛剤の長期服用も胃潰瘍を誘発するとされています。
非ステロイド系鎮痛剤のなかには、胃粘膜防御因子のプロスタグランジンの産生を抑制し潰瘍が生じやすくなるためです。

胃潰瘍の治療方法は?

胃潰瘍の症状のみぞおちの鈍い痛みや吐き気と言った症状は、胆嚢炎にも類似した症状です。
胆嚢炎と胃潰瘍では発症部位が異なるため治療法も異なります。
そこで病院で、内視鏡やピロリ菌感染検査などで胃潰瘍の確定診断をした上で、治療を開始する必要があるのです。
特に潰瘍に似た病変でありながら、一部にガン細胞が存在する場合があり、このような時には胃ガンに対する治療が必要になります。
そこで胃ガンや胆嚢炎などとの鑑別を行う上で、正確な検査は不可欠です。

病院の検査の結果、胃潰瘍の確定診断が下されれば、治療が開始されることになります。
治療は薬物投与による保存的治療と内視鏡による外科的治療が行われることになるのです。
薬物治療では胃酸分泌の抑制とピロリ菌除去がメインになります。

胃粘膜に対する胃酸の影響を抑えるために、H2ブロッカーやPPI(プロトンポンプ阻害薬)等の胃酸分泌を抑え、胃煙幕を保護する作用を持つ薬の内服治療が行われます。
検査の結果、ピロリ菌感染が判明した場合には、除菌治療も行われることがあります。
2種類の抗菌薬とプロトンポンプ阻害薬を併用した治療が行われることになる訳です。
ピロリ菌除菌治療の終了の目安は、1週間ほどの服用後にピロリ菌の有無を確認します。
仮に除菌が不完全なことが判明した場合は、さらに1週間除菌剤を服用することになります。

出血を伴う胃潰瘍の場合、薬物治療だけでは症状を十分コントロールできず、大出血や穿孔の危険があるので内視鏡による止血処置が先行して行われます。
内視鏡を挿入して出血点を焼いて止血を行い、小型クリップを患部にかける等の治療です。
止血処置でショックを防止、再出血のリスクを軽減しておき、続けて投薬治療を行い胃潰瘍の治癒を目指します。