• ホーム
  • 糖尿病になる原因と予防法をご紹介!

糖尿病になる原因と予防法をご紹介!

禁煙できない人には大きく分けて3種類の特徴がありますが、その一つに習慣依存があります。
習慣依存とは、普段からたばこを吸っているので禁煙するときにも思わずたばこを吸ってしまうことです。
例えば、食事のあとに毎回必ずたばこを吸っていた人は、食事のあとになると吸わないことに違和感を覚えて、禁煙しているにもかかわらず自然とたばこに手がのびます。

次に体の依存が考えられますが、体の依存とはニコチンが体の中から抜けてしまうと禁断症状が出てきて、無性に吸いたくなることです。
人によっては、手が震えたり落ち着かなくなりします。
また、場合によってはストレスを感じたり眠気を感じることも少なくありません。
禁断症状が出るようになると、それはニコチン依存症の可能性が高いですが、ニコチン依存症の状態になると、ニコチンを吸い込むことでストレス解消になると脳が勝手に判断してしまいます。

最後に、心理的依存症があります。
心理的依存症の場合には、煙草を吸うことでストレス解消になると勘違いすることや安心感を生み出すものだと勘違いをすることです。
これらはニコチンによる仕業ですが、ニコチンが脳の中を支配してしまい煙草をすることはよいことだと判断するようになります。
そうすると、周りは喫煙に対して反対していても自分ならたばこを吸ったとしても害にはならないなどと判断する傾向があります。

これらの三つの依存があるために、今までたばこを吸っていた人が禁煙をするのに抵抗が出てしまいます。
特にたばこを吸うことでドーパミンが出てしまう場合には、なかなかやめることができなくなってしまい禁煙をしても途中で失敗してしまう可能性があるでしょう。
ですが、禁煙は必ず失敗するものではなくしっかりとしたやり方に基づいて専門家の意見を聞きながら行えばうまくいく可能性も高くなります。
具体的にどのような方法があるかといえば、それはレコーディング禁煙をすることです。

レコーディング禁煙方法について

たばこを吸うことで、体がニコチンに支配されてしまい、本来出すことができるセロトニンやドーパミンもニコチンによって支配されることになります。
そこで、レコーディング禁煙方法を行うことでこれらの弊害を取り除くことが可能になります。

レコーディング禁煙を方法とは、突然禁煙を始めるのではなくまずは2週間ほど自分がたばこを吸っている状態をノートなどに記入していくことから始めます。
どのような内容を記入するかというと、吸いたくなった時の時間と1日に吸った本数を丁寧に書きとめていきます。
また、吸っているときの場所やその時の気持ちを変えていくことで、自分自身がどのような状態のときに吸いたくなるかがわかってきます。

何日もそれを続けることで、自分がたばこを吸いたくなる条件が次々に明確になってくるでしょう。
一般的には、食事をした後や人と話しをしている場合、あるいはコーヒーを飲んでいるときなどにたばこを吸いたくなる人が多い傾向にあります。

たばこが吸いたくなる場面に出くわしたときに喫煙をするのではなく、それ以外の方法を利用することでたばこを避けることができるようになります。
例えば、食事の後に毎回吸いたくなるとすれば、食事の後にたばこの代わりにガムをかむ習慣やアメをなめる習慣をつける必要があります。

これを徹底することで、次第にニコチンからの支配を遠ざけることができニコチンを吸わない状態でもドーパミンを出したりセロトニンを出すことができるようになる可能性が高いです。
レコーディング禁煙方法は、薬などを使って禁煙方法ではありませんのですぐに結果が出るわけではありませんが、1か月も継続的に行うと自然とたばこを吸わなくてもよい状態になるでしょう。