• ホーム
  • 世界中で使用されている胃酸分泌抑制剤パリエットの効果とは

世界中で使用されている胃酸分泌抑制剤パリエットの効果とは

パリエット(ラベプラゾールナトリウム)は胃酸分泌抑制薬のひとつです。
胃酸を分泌するプロトンポンプの働きをブロックする作用を持っていることから、プロトンポンプ阻害薬と呼ばれています。
この阻害薬は胃酸の分泌などを抑える作用があり、十二指腸潰瘍などの治療に利用することが可能となっています。

パリエットの特徴として効くまでに少し時間がかかることがあげられます。
日中の胃酸分泌を抑制するのに効果的で夜間になるとその効果は弱くなります。
投与制限があることが多く、用法・用量には注意が必要です。
パリエット(ラベプラゾールナトリウム)は主にピロリ菌の除菌などに利用されます。

例えば胃に潰瘍などがあると胃に入って来た菌を倒すために分泌する胃酸が潰瘍部を刺激し、傷の治りを遅くすることがあります。
このような場合胃酸分泌を弱めると潰瘍の治りが早くなるのでパリエットを投与するのです。
胃酸分泌抑制薬と呼ばれていて、プロトンポンプ阻害薬(PPI)という胃薬になります。

プロトンポンプをブロックすることから胃酸を抑える働きを持っていて、胃炎治療に使われることがあり、ピロリ菌の除菌などにも役立つことが可能です。
パリエットなどの胃酸分泌を抑える薬はピロリ菌の除菌によく用いられますが、実はパリエットは胃酸分泌を抑えますがピロリ菌自体をやっつける働きがないので通常は抗生物質などと併用して治療を行います。
パリエットは胃内の酸性度を減少することができるので、抗生物質がしっかりと胃にあるピロリ菌に対して殺菌効果を最大限に発揮できるようサポートする働きがあるのです。

ピロリ菌は胃炎や十二指腸潰瘍、胃がんや特発性血小板減少性紫斑病などのさまざまな疾患の原因になるので、ピロリ菌の感染が分かるとすぐに除菌を行う必要があります。
抗生剤にパリエットなどを併用することでピロリ菌の除菌率がアップすることが確認されているので、必ず病院では併用されています。

パリエットによる副作用の心配は?

パリエットにはいくつか副作用があり、例えば下痢や軟便、便秘や味覚異常、発疹などがあげられます。
重篤なものはないので、全体的な安全性は高い薬です。
検査値異常として肝機能障害などが報告されているので、長期的にパリエットを服用する場合定期的に病院で血液検査などを行うと良いでしょう。
まれですが重篤な副作用もありアナフィラキシーショックや汎血球減少症、肝機能障害や間質性肺炎、急性腎不全や低ナトリウム血症などがあるので注意が必要です。

パリエットの類薬には視力障害や錯乱状態もあります。
パリエットの用法・用量に関してパリエット錠5mg、10mg、20mgがあり、使い方は用いる病気によって異なります。
例えば吻合部潰瘍や十二指腸潰瘍などの場合、通常成人は1回10mgを1日1回投与しますが病状によっては20mgを1日1回服用することが可能です。
通常吻合部潰瘍は8週間、十二指腸潰瘍は6週間までの服用になります。

ヘリコバクター・ピロリなどの除菌の場合、通常成人は1回10mg服用し、アモキシシリン水和物としては750mg、クラリスロマイシンとしては200mgを同時に1日2回7日間投与します。
クラリスロマイシンは必要の都度増量することができ、400mgを1日2回上限になります。

プロトンポンプインヒビターやアモキシシリン水和物・クラリスロマイシンといった投与でのヘリコバクターやピロリなどの除菌治療が成功しなかった場合。
これらに代わる治療としては通常成人は1回10mgで、アモキシシリン水和物:750mg投与し、メトロニダゾール:250mgといった3剤を1日2回7日間経口投与することになります。
服用する際は用法・用量をよく確認してから使用しましょう。

サイト内検索
人気記事一覧